近年、鉄鋼業界におきましては自動車、造船業界等からの堅調な需要に支えられ、業界全体としては順調であると認識しておりますが、鉄鋼流通業界におきましては、過去の旺盛な国内鉄鋼需要期と比べると縮小したマーケットに未だ多数の業者が過当競争を繰り広げており、特に一般汎用鋼材主体の店売り分野につきましては、将来的にも厳しい状況が続くものと予想されます。
このような経営環境のもと、平成20年7月に経営基盤が西日本地区中心の「清和鋼業」と東日本地区中心の「中央鋼材」が経営統合し、新体制として「清和中央ホールディングス」グループを発足いたしました。
ますます多様化する顧客ニーズに対応すべく、スケールメリットを活かした取扱数量の強化拡大や、全国に拡がる流通網より効率的なデリバリー対応等に取組んでおります。
今後もよりグループ力を活かして「存在感ある企業」を目指し、鉄鋼流通のリーディングカンパニーとして日本経済の発展に寄与することが使命だと考えております。
清和中央ホールディングス株式会社
代表取締役社長 阪上 正章 photo
-
グループの体制
-